はじめまして。 「私がこころに残る結婚式」とは?


こんにちは。

DRAGON WEDDINGとして、ブログを始めました。

最初のブログに何を書いたら良いのか迷いましたが、せっかくなので「私が心に残っている結婚式」、のお話しをさせてください。

その結婚式は、私がまだプランナーになるずっと前、学生時代に結婚式場でアルバイトをしていた時に見た結婚式のお話しです。

当時、まだ若かった私は、結婚式に参列した経験もあまりなく、結婚式で見るものすべてがキラキラしていて。

アルバイトで入る結婚式で繰り広げられる、見たこともないような派手な演出や、色とりどりの綺麗なドレスなどを見ることが楽しくて嬉しくて仕方がない日々でした。

私がアルバイトをしていた式場はいくつか披露宴ができる会場があって、アルバイトは当日、入る会場が割り振られている、というスタイルだったんですね。

そんな中、その日わたしに割り振られていたお部屋の結婚式は、当時にしては珍しく、ご家族だけの小さな披露宴のお部屋でした。

たぶん、総勢でも15人くらいの披露宴だったと思います。

結婚式には、その日の披露宴の内容がタイムスケジュールになっている”進行表”というものがあるんですが、進行表をみたら、みごとに何も予定がなく。

それを見たとき、私は思ったんです。

「あ、ハズレだな。」「今日はつまらないな・・・。」と。

そんな私の心境をよそに始まった結婚式。

特別な演出も特になく、お食事をしながら、歓談がつづきます。

そんな中、わたしはふと、気が付いたのです。

新郎新婦も、出席しているゲストの親戚の方々も、ひとり残らずとても楽しそうにニコニコしていることに。

心から笑っている様子が見ているだけで伝わってくるような、そんな感じでした。

もちろん相変わらず、とくに何も特別なことはないのです。

ただ、みんなでお話しているだけです。

そのうち新婦のおじいちゃまが飛び入りでカラオケを始めたのですが、それも新婦はニコニコしながら聞いていて。

おじいちゃまからは”お孫さんの結婚が嬉しい気持ち”があふれていましたし、新婦からは”おじいちゃまが喜んでくれているのが嬉しい気持ち”があふれているようでした。

わたしは大切なことを、この結婚式がら教えて貰いました。

演出やイベント、ドレスや装飾など、結婚式にはキラキラした、きれいなものがたくさんあります。

でもいちばんキラキラしていて欲しいものは、”想い”だと思っています。

ゲストの祝福したいという気持ちと、新郎新婦の感謝など伝えたいという気持ちが通じあうこと、そんなお手伝いができるプランナーになりたいと思うようになりました。

もちろん月日が流れ、プランナーとしてより新郎新婦に近い立場になった今も、この結婚式で感じた思いを忘れることはありません。

こんなわたくし、DRAGON WEDDINGをこれからよろしくお願いします!


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square